So-net無料ブログ作成
検索選択

十万分の一の偶然 あらすじとネタバレ?

tv
テレビ朝日開局55周年記念・松本清張ドラマSP「十万分の一の偶然」のあらすじとネタバレです。

モンゴルの平原で取材を続けるフリーのルポライター・山内正平(田村正和)のもとへ、一人娘・明子(中谷美紀)の婚約者・塚本暁(小泉孝太郎)から思わぬ悲報が届いた。妻が亡くなって以来、男手ひとつで育ててきた明子が、入院中の叔母・恵子(岸本加世子)を見舞うために横浜から沼津へ向かう途中、東名高速道路で玉突き事故に巻き込まれて死亡したのだ。しかも取材で遠出をしていた正平がその知らせを受けたのは、事故から実に1カ月が過ぎた後のことだった…。

かくして、正平は急きょ帰国することになった。ところが帰路の機内で、正平は一枚の写真を目にすることとなる。娘が亡くなった事故の瞬間を偶然捉えたというその写真には、無情にも娘の最期の姿が写し出されていた。娘はなぜ死ななければならなかったのか――帰国した正平はもはや、そのこと以外考えることができなかった。 『激突』というタイトルが付けられたその写真は、山鹿恭一(高嶋政伸)というアマチュア・カメラマンが夜景を撮影しに出掛けた際、偶然にも事故を目撃し、本能的に撮ったものだったという。写真評論家の大家・古家庫之助(伊東四朗)が「十万分の一の偶然」と大絶賛したその写真によって、山鹿が「ニュース写真年間最優秀賞」を受賞したことを知り、授賞式へと向かう正平。そんな彼の耳に、週刊誌の編集者・小泉恵美子(松下由樹)が山鹿に投げかけた質問が飛び込んでくる。

「あの事故でたった一人の生存者が、事故の直前、『赤い火の玉を見た』と言っているのですが…」。  赤い火の玉…。それは一見、事件とは無縁のような突飛な言葉だった。しかし、正平にはその言葉がどうしても引っかかる。もし、その"赤い火の玉"が事故に影響を及ぼしていたとしたら…? 疑念を拭えない正平は、愛する娘の死の真相を突き止めるべく、自らの足で執念の追跡を開始する――。

すべて読むならこちらから。

原作では婚約者の死の真相を…というあらすじでしたが
ドラマでは父娘の設定に変わっていますね。

原作では、推理の過程で東名高速道路上の事故の様子と
高速道路付近の地形が詳細に描写されています。
赤い火の玉=フラッシュの謎解きを一気に展開される終盤
どんな映像になるのか楽しみです。

アマゾンKindleの十万分の一の偶然はこちら。

十万分の一の偶然 (文春文庫)




ブログランキング・にほんブログ村へ

共通テーマ:テレビ | 編集
Copyright © TVdays All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます。
テンプレート by カエテンクロス SEOテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。